2018年5月5日土曜日

エル君、傷?。人間は冬の準備?

エル君、傷?

皮膚を舐めて破ってしまいました。
ストレス?
食欲、水、動き、目力、okですので、やはりストレス?
膀胱の排出力が先天的に弱く、ドクターから教わって、マッサージを続けた時期がありました。
そちらとの関連に不安が残りますが、様子を見ます。
本人はいつものおとぼけ表情。
「辛い、痛い、かゆい」って言わないから...切ないですね。

そのエル君の部屋に興味のあるクリスティ、エル君は苦手なんですが。

こちらも傷の治りがいつもより遅い、ピリカ。
傷のアップ。

表情はいつもと同じ、毛玉の処理のために連日、時間を決めて、ブラッシングをしています。



冬のために、なるべく早く起きて、行動できるように、調整中です。
この二人(二匹)が起こしてくれます。
奥が朝の特別食を要求しているkちゃん。手前のmは枕を占領したい...のです。



GW、お日様が出てくれると気分だけでも違うのになああ...。
紅白の灯台。



札幌のSさんからご協力の申し出をいただきました。
TNR後、暮らしが心配されていた、bossa(ボッサ)を気にかけていただいて、遠路より来てくださいました。
ボッサは動向が未確認ですので、今後については予定が立ちにくいのですが、色々とお世話になると思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

何より、孤立しがちな私たちが救われました。
感謝の言葉もありません。
ご本人も相当数、保護されていらっしゃいます。
内情を分かち合えるだけでも、助かります。

2018年5月4日金曜日

少し、仲良くなりました。

ジュニアがbomを追いかけなくなりました。(完全にではありませんが)
bom(左)ジュニア。

仲良しになったのは桜の力かも知れません。(?)

港から来る春風のせいかな?



poloは今日もみんなと頑張っています。
ご飯の問題があるので、目が離せません。
明日にでも、ドクターの意見を聞いてみようと思います。
他のご飯を食べて、果たして、療法食も食べれるか?そして、その量で大丈夫か?
難しいだろうなあ。



完全室内で、
命あるものとして、天寿を全うするまで、愛情と誠意を持って、
家族として暮らしていただける方を希望します。
cafemonju@gmail.com(コピーペーストでお願いします。日本語だけしか判りません)
どうぞ、
人生を変える前提で深慮していただき、
思いをおしらせくださいますよう、切にお願いいたします。
内臓の状況に特徴が有り、致命的な便秘が常に起こる可能性を持っています。
療法食だけしか与えられません。(現在の医学では)
(長期的にはサプリも有効である可能性も残しています)
リラックスできる、鍵のかかる十分なスペースが必要です。
polo

2018年5月3日木曜日

あられ、病院。

あられ、病院へ出発。

下の写真の後、このままの状態で、
採血、点滴、注射。お利口様でした。
先生は全て一人で実施しました。あられがお利口様だったから...ではありません。技術です、技術。

血液検査は異常無しでしたが、体重の低下が不安要素。
まずは家で、風邪薬を試します。後は食べて、水を飲んで、ご機嫌に寝てくれることを願うばかりです。

これ、ご存知でしたか?私は初めて見ました。乳酸菌、ここでも登場です。



昨夜、途中で終わった、ゆうき君専用?の階段。完成です。使う様子を見て、改良の余地ありですが。ゆうき君は足元がふらつくことがありますので、落下は十分に考えられます。 その辺を早く見極める必要があります。
ここは昔風の床の間。
こんな風になりました。

2018年5月2日水曜日

厳しさの確認

poloの肉球


説明は要りません。
厳しさの象徴です。
まだまだ、癒しには時間が必要。
完全室内で、
命あるものとして、天寿を全うするまで、愛情と誠意を持って、家族として暮らしていただける方を希望します。
cafemonju@gmail.com(コピーペーストでお願いします。日本語だけしか判りません)
どうぞ、
人生を変える前提で深慮していただき、
思いをおしらせくださいますよう、切にお願いいたします。
内臓の状況に特徴が有り、致命的な便秘が常に起こる可能性を持っています。
療法食だけしか与えられません。(現在の医学では)
(長期的にはサプリも有効である可能性も残しています)
リラックスできる、鍵のかかる十分なスペースが必要です。


連休は調子が狂う。
うっかり注文を忘れて、今日、入荷。
ご好意の試供品とアマゾン経由で小さい袋を買って、しのいでいました。
全部で四つ、一つはすでに開封、一階組のお腹に...。


ゆうき君、動きに不安があります。彼の好きな場所に行けません。
専用の階段を作ります。
今日はここまで。昔風の床の間、釘、打ちまくり!

1段目の完成?


明日はあられ、病院の予定。
痩せて、くしゃみ、声質も変わりました。
ストレス障害?。
彼女はエイズキャリア。
手術後、
外で生き延びて、
今、
ここに居るのに、
まだ、苦しんでいるように見える。
「誰のせいでも無い」
そうも言えるかも知れませんが、
私の十数年来の経験からはっきり言わせてもらう。
「誰かのせい」だと..。
そして、
その、
誰かの中に私も入っていると。

2018年5月1日火曜日

誰?

ピリカ(左)としずくです。
ピリカはきつい目をしていますが、
性格を表してはいません。
その証拠は、
しずくが遊んでキックしていますが、表情は変わりません。
表情、変わった方が良いかなあとも思いますが、彼の個性だからこれで良いんだと思います。



左目不調のmomo、接近して写しました。尿結石ができやすいので、療法食をプッシュしています。この写真はその時のものです。他のご飯も食べますが、結石に配慮されたものです。さて目の方は?

やはり、左は腫れています。目の付近を触らせますので、外傷的な痛みは無いようです。眠ってしまうと、起きた時、まぶたが開けづらいかもしれません。もう少し様子を見ます。「猫の目」については専門医がいるそうですが、そちらの方は未体験。



誰?

monです。
この体勢から、

こうなります。




桜と港。

足元は昨夜の雨を残した花たち。

支援者の方がトマトのプレゼント。(トマトになる予定の植物)

誰?

poloでした。
完全室内で、
命あるものとして、天寿を全うするまで、愛情と誠意を持って、家族として暮らしていただける方を希望します。
cafemonju@gmail.com(コピーペーストでお願いします。日本語だけしか判りません)
どうぞ、
人生を変える前提で深慮していただき、
思いをおしらせくださいますよう、切にお願いいたします。
内臓の状況に特徴が有り、致命的な便秘が常に起こる可能性を持っています。
療法食だけしか与えられません。(現在の医学では)
(長期的にはサプリも有効である可能性も残しています)
リラックスできる、鍵のかかる十分なスペースが必要です。


bom(手前)とnini、確認しました。そばにジュニアがいるはずですが写っていません。

不妊去勢手術をした猫を地域に戻し、地域全体で天寿を全うさせるという遠大なことを実施しています。このこと事態に賛否がありますが、選択肢の一つで更なる不幸な命を生み出さない方法であることに、異論は無いはずです。niniもbomもジュニアもその地域猫です。もし見かけることがありましたら、適切なご飯(猫専用)、できればお水、そして、越冬可能な住み場所の提供をお願いいたします。手術をした猫かどうかは耳を見ていただければ判ります。この耳カットと呼ばれる施術も賛否があります。マイクロチップが最適だというご判断もあるでしょう。どちらにしても、国ぐるみ国民総意で全ての行動を実施しなければ、「死ぬ為や苦しむためだけに生まれてくる命」は後を絶ちません。完璧な社会など存在しないでしょうが、「動物保護、福祉」は限りなく「完全に近い状態」を作ることが可能です。それは「狂犬病予防法」を背景にした犬の虐殺の歴史をみれば誰でも気づくはずです。その虐殺状態、形は違っても、猫は今でも同じです。

冬囲い?

冬の間、小屋を守ってくれたブルーシートを外しました。
積雪の損傷は少ないようです。
意外にリッパ!


二階のヨワッチー組。
coco(左下)non(左上)ピリカ(右下)

そのピリカ、治りかけの傷を引っかいたようです。皮膚が壊れていますが化膿などはしていないようです。薬ご飯(向精神薬)は順調なんですが、季節の変わり目がリズムを崩すのかな?上唇にも傷があります。



午後から曇り空、そして雨。
ジュニア、nini、bom、玄関に戻っていません。雷さんも響いて、心配です。

2018年4月29日日曜日

もう大丈夫だと思います。

一番心配なゆうき君。
動きが出てきました。
ご飯もマックスではありませんが食べています。
注射、点滴は明日か明後日、病院の休日が水曜日ですので。

あられは今日、だいぶ、落ち着きを見せました。

poloもあちこちお出かけでストレス解消。
トイレも立派なのが出ました。
小樽のAさん、ありがとうございます。
poloが回復しましたので、他の猫にテストを開始しました。
polo

色々、新顔がウロウロするので、
困ったさんがi君。



他の猫たちも良い方向に向かっています。
重ね重ねですが、
応援、支援してくださった皆様に厚く御礼申し上げます。
まだ、油断はできませんが、
人間の精神の疲れは少々ですが和らぎました。


マニアではありませんが、
「誰が何処へ行くのだろうと....」