2018年4月14日土曜日

春待ちの日、あれこれ。

外で頑張る猫たち、
春が行ったり来たりで、
玄関を出たり入ったり。
ジュニア。

睨まれました。

polo(左)とnini
お日様を追いかけていたんですが、「アレッ」



これは?

ガラス越しに春を探すjでした。

おっと!この外猫を見ていたのか。
こうしている間にも不幸な猫が増えている、という証です。
保護(TNR)のチャンスがあまりにも少なすぎる。

数が増えて春の期待は膨らみますが、明日、雪??



arareの散歩。
まだ、外へ続く道を探しているように見えますが、その行動は面白いです。部屋から出たいような、あまり出たくないような??おしっぽさんはm母さんです。

雪に耐えた仲間。



今日のカッコイイ(自画自賛)写真。モデルはjuju。

白いヨットの帆が見えた日。


今日は気づかれずに写せました。
The i(愛)

2018年4月13日金曜日

死ぬため、殺されるために生まれてくる猫を無くしたい。

死ぬため、殺されるために生まれてくる猫を無くしたい。


そういう思いで作りました。
わずかですが、
間接的な協力者ができたり、
ご近所さんと話しやすくなったり、変化はありました。

両面印刷になったのは初回から少し後になってからです。


こういう姿を増やしたい。

2018年4月12日木曜日

フキノトウ

kちゃん。
最近はほとんど私のベッドのそばにいます。
私が寝る時もその場所をあまり動きません。
遠吠え?はあいかわらず迫力?があります。
早朝、一度特別食を食べるため、私を起こします。
居場所、食べる場所、食べるタイミング、こだわりがあります。
右目はもう見えてないなあと思います。



雨が来る前にチャチャっとDIYの工具置き場を作りました。
物置のそばで作業するのがベストですが、今はレスキューハウスが二つ隣接していますので、こちらが作業場になります。
工具類の感覚は冬場に薄れていますね、慎重に扱わないと私のような「にわか大工」は怪我をします、 アブナイアブナイ。


ガーデニングはほとんどしません。レスキューハウス制作や補修に必要な最低限の手入れだけをします。
それにしても、強いもんですね、植物たちは。

こちらにはラベンダーもあるはずですが、今年の変則的な降雪にどの程度、耐えたか?
楽しみでもあり、不安でもあります。
庭中をラベンダーにしたいと考えたこともありますが、何せ、昔風の日本庭園(原型は止めていませんが)で石が多すぎ、断念。
別な活かし方を考えなければ..。



こういう地道な活動が花開くよう応援したいと思います。

今日は現実をあらためて確認。


nonちゃんです。(多分?)



我が家から数歩、歩けば海が見えますが、ここに移住してからずーっと今まで、敷地内から見えるはずだと希望を捨てませんでした。(ちょっと子供っぽい?)
双眼鏡を支援していただいたので、確かめました。この時期は木々に葉が無いので港まで見通せるはずです。果たして?
この写真で判るかなあ?



今日はこの現実をあらためて確認する記事を目にしました。
税金を殺すためにでは無く、生かすために使うのがそれほど難しいことなんだろうか?
(環境省のサイトをキャプチャーしたものです。)
心から離れることの無い思いが、大きく膨らんだ日でした。


「考え方は人それぞれ」という人は少なくありません。
しかし、
この国を
「生物多様性」の視点で、 考える必要性は
次世代に「どのような日本を引き継ぐか?」という、意味で、
大きく、重要だと思います。

2018年4月10日火曜日

お日様、少し。ピリカ、登場!

お日様の出ている時間。
逃しません。
左から、bom、polo、一番ちっさいnini
ここにジュニアが入れるとイイんだけどなあ。
夜は玄関に来てくれます。



自転車、物置から出しました。

冬に備えて(早すぎか〜〜!ですが)スコップなども一緒です。



新しいものが来ると、興味を示すタイプとそうで無いタイプ、分かれますよね。
mimoは見てるとどちらかというと、そうで無いタイプ。
だから、隠れたんですが、新しい椅子の下でした。

エル君は敷物の柄を選びません(当たり前?)
でも、似合うものと、似合わないもの、ありますよね。
これはあまり似合わない?。
保護色になっちゃてます。

滅多に姿を見せないpirika。
今日は特別出演。

アップも。

緊張しているわけではありません。
個性です。
ノホホ〜〜ンとしている時、結構あるんですよ。


「NPO法人ニャン友ねっとわーく北海道」さんの室蘭支部、譲渡会です。
応援、よろしくお願い致します。

2018年4月9日月曜日

あられ、自分を発見?

自分の動く姿を見るあられ。

出演
主演:あられ=あられ
共演:動くあられ=タブレット
特別出演:膝=私
あられ「なんか変な感じ〜〜」

足の汚れは簡単には消えそうにありません。汚れというより、変色に近い。長年の空き家暮らし、敵が近づいたら泥の穴でじっとしている。そして、危険を感じればどんなところでも走る。あられの毛の色は私に厳しい現実を突きつけます。



レスキューハウス
午後からは雨の予報、屋根、プチ補修。(最近の天気予報はバカにできません)
雨漏れがひどく、とりあえず、プラスチック波板の穴をふさぐことにしました。
しかし、
主因は屋根の勾配です。
大仕事になりますので、検討中。

予報どおりの小雨、補修直後ですので、様子を見に行きました。やはり、勾配を急にすることと、基本設計に戻すことが重要なようです。1工程、抜けています。



下で何かが動きました。自分だけでは心細いniniでした。
ドローンを使わない空撮?



二階、押入れの下段をトイレのように使うのでトイレシートでしのいでいましたが、あまり大量に使うので、面積を半分にして、実験しました。問題無いようです。床用のビニール材で補修後、もう少し面積を狭くできるかもしれません。



ほとんどが頂きものですが、車に常備する緊急保護用物資です。この他に毛布類、ダンボール、キャリー、捕獲器(準備中)、スコップ。人間の待機用防寒衣類、水、簡単な食品、クッション(車内でキャリーなどを固定する)。あまり活躍しないことを願っています。



mimo、なんか?立派な部屋?(いつもの屋根裏部屋ですよ〜〜)

同じ部屋のulan(左)とmon。



根のある奴は強いなあ。



小樽のyさんから支援物資が届きました。助かります。ありがとうございます。
私のご飯も入っています。おやつのチョコも!

2018年4月8日日曜日

なごり雪

やっぱり、少し降りましたね、
皆さんのところはどうですか?


雪は降りましたが、おかげさまで気温は少し春。
冬にはほとんど見かけなかった外猫たちに、
近所で逢う機会が増えました。

しかし、
2017年12月4日月曜日に去勢不妊手術を頑張ってもらった、ボッサをはっきりと確認できていません。
その時のブログ
https://mon-ju.blogspot.jp/2017/12/blog-post_2.html?spref=tw
ボッサはその後、目の調子が悪く、気になっていました。
目の写真があるブログ https://mon-ju.blogspot.jp/2017/12/blog-post_4.html


我が家の付近だけで言えば、
無責任な「餌やり」さんの数は減っていせん。
私がこうして春に逢うことのできる外猫はかなり運の良い方だと思います。
軽々に「餌やりさん」を悪くは言えませんが、去勢不妊手術をして、地域みんなでその命が天寿を全うできるように「しやすい」システム作りが急がれます。
同様のことはこのブログで何度も書いていますが、
あえて、重ねて書きます。
複雑多様化する現代は何もかもを行政主導で実施するのは困難。
この現実の是非はここでは問いませんが、事実です。
だから、
官民問わず、みんなの協働でシステムを作らなければ、現実的な解決に向かって進むことはできません。
どうか、
まずは行政の方々、
いろんな意見を「公的に」集約する機会を増やしてください。
そして、 行政以外の一般の人は
様々な立場からその意見交換会に参加してください。


家の近所に来る猫を見ているmodo

NPO法人「ニャン友ねっとわーく北海道 室蘭支部」の譲渡会イベントです。


新しい家族に迎え入れられるのが現在考えられるベストだと思います。


今日もお世話をしている、しずく(上段)
下の段の毛布の中に守られているピリカが寝ています。

お薬ご飯を食べる間もしずくはできるだけそばにいます。

ひょっこり出会いましrた。monちゃん。
写っていませんが、fuちゃんとセット?(大の仲良し)です。

札幌の人からご支援をいただきました。
ありがとうございます。