2018年3月10日土曜日

切ないけど、生きていてよかった。ごめんなさい、そして、ありがとう。

「認定特定非営利活動法人 HOKKAIDOしっぽの会」のご紹介
サイトはこのバナーをクリックしてください。



誰にも読んで欲しいページ。
以下、サイトからの引用です。
【しっぽの会からの提案】 地域住民の方たちが、野良猫の問題で対立するのではなく、 地域の問題として解決していくため、餌やり・トイレの掃除・避妊・去勢の啓発、ノウハウやルールを定める自治体によるガイドラインが必要です。
引用はここまで。
道内限定
「飼い主のいない猫基金」のページへ直接へのサイトアドレス。
http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html


およそ、26日ぶりにボッサの生存を確認することができました。

庭のどこかのレスキューハウスでご飯を食べて水を飲んで、寒さをしのいでいればイイなあと思い、ご飯と凍らないように人間用の「貼らないカイロ」で「座布団状」の台座をくっつけた水を毎日、朝と夜、用意していました。
でも、姿を見ることはできませんでした。

もしかしたら..と、心のどこかで黒い雲が流れることもありました。

本当によかった!

ボッサの片方の目は去勢手術の時点で「諦めてください」と言われていました。
内部で感染症を起こさない限り、大丈夫、とも教えていただきました。
今回、目の具合は未確認ですが、動きはそれほど心配する様子はありませんでした。


ボッサへ
「ありがとう」そして「ごめんなさい」


「歳を重ねると赤ん坊に戻る」
こんなことを聞いたことがあります。
「虎の子」「ライオンの子」
いえいえ、kちゃんです。
よく食べ(少し減ったかな?)よく寝ます。

2018年3月9日金曜日

パラソル?とクリスティの近況

我が家にとっては最新式?の照明器具。
古い家なので壁材が反射する素材、
思いの外、眩しく、なんとかならんかなあ?と考えていました。
そこで、まず和紙を使ってみましたが、
うまく安定しないのと、明かりの届く距離が短いので、挫折。
再チャレンジがこれ

パラソルの生地です。
これだと天井に反射する光量が減りますが、下方向への明るさがあまり変わりません。
成功!
そう言えば、これもパラソルでした。


クリスティ、自然にここに座ります。

家に来た当初は心配で、時々、心臓の鼓動を確かめたぐらいの状態。
そばにいた人を忘れないんですね。
元気に騒動を起こしてはお母さんを困らしています。
嬉しい「ワガママ」発揮です。


j(上)k(下)に挟まれてキョトンしているmodoお嬢様。

同い年ぐらいの仲間とはうまく付き合えませんが、
食べる量も少し増えてきて、もう少し、大人になれる?かも。


雨混じりの空、
鳥のさえずりが春を感じさせるのですが。(もう一雪、来るだろうなあ)



「NPO 法人 猫と人を繋ぐツキネコ北海道」のネットショップ
種類が増えてますね〜。
ぜひ!ご覧ください。
猫の命につながります。
http://tsukineko.thebase.in/

2018年3月8日木曜日

「ゆうき、ガンバル!」「その後のあられ」

ゆうき、
オシッコ確認しました。
量は普通です。
これはなんとか水を飲んでいることだと思います。
ご飯も少しづつですが増えています。
動きも出てきました。

あられはケージの中ではすっかりなついていたんですが、
振り出しに戻りました。
それだけ、元気なことだと思います。
声も迫力があります。
外を見る目に出会うとやっぱり切ない。

部屋中の探検はまだこれからのようです。

先日、ご紹介したテーブルの脚、まずはhanaちゃんがご利用をパチリ。

一階は高齢が多いので階段が多くなります。登る時も気になりますが、降りる時の方が心配。だから、突然の音など急な変化は禁物です。

その高齢のお二人。
上からjとm。

毎日の水の取り替え、ちょっと違う時間に始めると、いつもと違う表情に会えます。寝ぼけ顏のfuちゃん。

小樽市公認、
「小樽 飼い主探しサポート」
以下サイトから引用です。
投稿日 : 2018年3月6日 | カテゴリー : 新しい飼い主様募集中
<<新しい飼い主様募集の経緯>>
飼い主さんは81歳と高齢です。
今年の夏に、娘さんとの同居のため本州に引っ越すそうです。
高齢の猫1匹だけは連れて行くことが許されたそうですが、
ほかの猫は行き場がないそうです・・・
まずは面会を、もっと詳細が知りたいなど、気になった方は小樽市保健所または
当サイトへお問い合わせをお願いいたします。
ただし、当サイトからの返信は数日後になる場合がありますのでご了承ください。
※これをご覧になった方は周りの方にお知らせや
SNS等の情報発信をしていただければありがたいです※

お願いですから、どうかどうか増える前に避妊去勢手術をしてください。
はじめの1匹の2万円をもったいないと思っていると、何十倍もの出費に結局はなると同時に、
かわいがっていた猫たちを結局は不幸にすること、どうか理解していただきたいです。
引用はここまで。
サイトのアドレス。 http://livefulloflove.nyanta.jp/


お世話になっているお寺さんで供養祭が行われます。

観昌寺 小樽ペット霊園 
〒047-0154 北海道小樽市朝里川温泉1丁目56
葉書をいただきましたので、ご紹介いたします。
**葉書文中の団体と当ブログ運営者は関係ございません。**

2018年3月7日水曜日

ゆうきくん

ゆうき、
リラックス度、ほんの少し回復。
水は大丈夫なようですが、食欲がまだまだ。
あられとの同部屋が大きなストレスになったのだと思います。
薬は今の所、順調です。

ピリカの部屋、
みんなで爪研ぎ。
一応、柱らしいので、補強。
テスト段階です。

ピリカはこうして何かに潜るの好き。「ご飯だよ〜」と言うと毛布がちょっと動きます。
写真で、判るかなあ?おかげさまで傷は絶えませんが元気です。

強すぎる孤独。

我が家最強(タブン)のエル君。
強すぎて誰もそばに来ません。
弱っちい軍団の部屋はドアで仕切られていますが、できるだけ解放するようにしています。
こうして、一人っきりになるのはどこにいても同じですが、ほんの少し満足するようです。


NPO法人 「猫と人を繋ぐ 」ツキネコ北海道
【ニャイダーハウス譲渡会 キジ祭り】
日時:3/16(金)12:00〜18:00
3/17(土)12:00〜21:00
3/18(日)12:00〜18:00

2018年3月6日火曜日

無事を願うだけ..。

寒さが戻って、気になる、手術後に外で頑張っている仲間。
これが無事の知らせとも限りませんが、
なんとか生きていてほしい。


この小屋は一番古いものですが、大きく、断熱も素人作りですが入っています。
効果はほとんど感じられません。
支援していただいた、古着や毛布、クッションなどが頼りです。
どこかの小屋に入ってくれれば水とご飯はなんとかなります。
人間の勝手で本当にすまないことだけど、
今は無事を願うしかありません。
雪塊の形からして、おそらくは人為的なものに自然現象が加わったようですが、こんな雪崩状態もあります。

ポイ捨てタバコ、道にツバを吐く、公共の土地に雪を捨てる、動物愛護法をなぜか所管しない保健所...。
「住みよい街」にしましょう!の掛け声が遠くに響きます。
「街の活性化」「地方自治の発展」「観光都市宣言」
これ以前の問題。
自戒を込めて。

めいちゃん、ポールニューマンと共演!



頂き物の椅子、模様が変わりました。

頂き物でこの冬一番重宝して着ていたダウンジャケット、香しい臭いがつきました。
洗濯しているので、写真はありません。


おしまいは「小樽名物」
なんだかわかる人は「小樽人」です。

雪に限らず、自然と暮らしの戦いは永遠に続くでしょう。
しかし、
あまりにも「無策」
現存する「心地よい小樽」にプラスする「まずはインフラ」
本当に素敵な街なんですから、官民一緒にやりましょう!
念のため、「経済システムは一つの選択肢、肝心なのは行く先(具体的な未来像)」

2018年3月5日月曜日

ゆっちゃん、ゴメン!

ゆうき君、不調。

二、三日前からどうもおとなしすぎる。
寝る姿もいつもと違う。
一番の違いはお母さんに甘えない!

原因は「部屋割り」?

急遽、あられを保護したので、
慣れてもらうまで、ゆうきと一緒の部屋になりました。

ゆうきは手術後、外で頑張ってもらっていたのですが、
ぐったりしたので保護したという経緯があり、
その後の検査で対処療法の無い重大疾患が疑われ、
グレーゾーン状態で、投薬を続け、
回復傾向を見せていたところでした。
そこへあられが入ってきたので、
それでなくとも「打たれ弱い」ゆっちゃん、
参ったんだろうなあ。

ごめんね、
対処療法が無いとは言え、
数年単位で体調を維持し、天寿を全うする可能性も少なくありません。
もう一部屋あれば、とも考えますが、
今はどこでも好きな場所にいてもらうのが精一杯です。
今はここに居ます。


ほとんどが引きこもりのピリカ、しばらくぶりに昼間会いました。
傷(無くなることはありません)の周辺が見れたので、血で固まって束になっているところをカットしました。



その後は、何事もなかったように、しずくちゃん(右)のところへ。

10年来の最古参なのに膝乗りはごく最近。
でも、1日一回は必ずこの体勢にならないとご機嫌斜めです。
膝が小さいので、窮屈そうだけど、やっぱりお母さんでなければダメなようです。

k(右)とご飯を食べるm、

ゆうきも必ずここで誰かと並んでご飯を食べます。
応援、よろしくお願いいたします。