2018年1月27日土曜日

私不調、引きこもり、家事手伝い?

mon(左)とfu

同系色で判りづらい。
左上はエル。

エルのアップ。

でっかい目に見守られて眠るクリスティ。



支援物資を頂きました。
小樽のYさん、ありがとうございます。
助かります。(猫も人間も)


「命にしっかり寄り添う街」小樽ならできる。
みんな!つながろう!!!

2018年1月26日金曜日

ホームページを見て、しつけ教室も行こう!

明日は小樽保健所で犬のしつけ教室が開催されます。
人間のしつけもあるようです。


NHKのクローズアップ現代で取り上げられたこの団体のサイトもあらためて見てください。
いろんな発見があります。
ピースワンコ・ジャパン
http://peace-wanko.jp/
動物の安楽死などはみなさん、どうお考えでしょうか?
基本的なことをもう一度、おさらいして、みんなで、良い道筋を見つけたいと考えています。

modoも賛成??


毛柄が似ているので、なんだか判らない?

上から写すと(手前からj、m、k)

なかなか。ここに入るチャンスの少ないmodo。

でも、私には仲良くしてくれます。

2018年1月25日木曜日

25分

25分で、なにを言いたかったのか?
NHK
とにかく、ジャーナリズムは無いと思っている。
要は宣伝と事実の幼稚な描写だけが
テレビ・ラジオを埋め尽くしている。
せめて、
実態を細部まで取材してから、編集して欲しかった。
これは法律の施行の話です。
課題は無数にあるとしても、
問題は一つ、
どうしたら法律に沿った動きができるか?
答えも一つ。
考えうる最大級のハードとソフトを駆使する。
国民の中の少なく無い人々が応援すると言っているのに、
なぜ行政ができないか?
25分でそれが告知できないのが、今のNHK(ジャーナリズム全体)
今日は不機嫌なmodo


左からkilala,fuその下はmimo
屋根裏部屋の一時...。

官民問わず、みんなで話し合ったら、
「社会問題解決事業(ソーシャルビジネス)」の小樽モデル、きっとできる!
みんなで会って話し合おう!

2018年1月24日水曜日

ゆうき、投薬後の状況

ゆうき、4回目の投薬を開始して、六日が経ちました。
ほんの少し、体調が戻りました。
量は少ないですが、ご飯も食べるようになり、水も飲み始めました。
トイレも少々ですがあります。


こちらは療法食を続けるmomo。
私が一粒づつ、タイミングを計らって、食べさせる役目です。
今日は38粒。
頑張った方です、頻尿は落ち着いていると思います。
療法食は当分、続きますが。

今日は札幌に出ていました。
留守番中、出てこなかったのはmodo。
modoらしい?目つき。

毎日、薬を飲む(食べる)ピリカ(右)。
しずくがしっかりとガード。
薬が終わるとこうなります。
そのピリカの傷(複数ありますが)、新しい傷はだいぶ、治りかけています。グレーの部分は皮膚が形成されて、うまくいけば毛も生えるかと思います。その他の部分は白い肌が露出したままになります。その傷のアップ。

背中全体から見ると。



野犬を害獣として銃殺している。ニュース? テレビであったようですが、確認してみます。


札幌市市議会厚生委員会開催
1月26日(金曜日)13時00分
第一特別委員会会議室(16階)
札幌市動物愛護管理推進計画(案)について
詳しくはこちらから。
http://www.city.sapporo.jp/gikai/html/kaiginittei.html

2018年1月23日火曜日

NHKクローズアップ現代

NHKクローズアップ現代。

2018年1月24日(水) 午後10:00~午後10:25(25分)
下記はサイトからの引用
サイトアドレス
https://www.nhk.or.jp/gendai/schedule/
........
6年前の動物愛護法改正などを受け、多くの自治体が目標として掲げる「殺処分ゼロ」。殺処分される犬や猫の数は近年大幅に減少した。しかしその陰で、深刻な事態が進行している。自治体の収容施設や民間の動物愛護団体が、殺されずに済んだ犬や猫を抱えきれなくなり、伝染病のまん延や多頭飼育崩壊が起きるなどのケースが出てきているのだ。国が目指す「人と動物が幸せに暮らす社会」の実現には何が必要か、考える。
引用ここまで。
出演者
山﨑恵子さん(アニマル・リテラシー総研 代表理事)
武田真一・田中泉(キャスター)
アニマル・リテラシー総研のサイトhttp://www.alri.jp/


こちらを向いているのはhanaちゃん。
fuちゃんもいますが、わかるかなぁ..。



手術後、外で頑張ってくれている猫のことが気になる雲行き。
ご飯を食べに来る回数が減った猫もいる。

2018年1月22日月曜日

「雪方さん?」と「隙間から」の二つ

ガラスの保護のために屋根からの落雪を板で防御しているんですが、
このように、ガラス側に空間ができてしまいます。
次の落雪が思わぬ方へ飛びますので、隙間をなくする工事?
結構、きつい。「土方さん」ならぬ「雪方さん?」



このレスキューハウスで越冬している猫もいる。

だから、ゆっくりでも、頑張らなくっちゃ!。


今日は嬉しい写真。
ドアの隙間から写しました。
しずく(手前)とピリカ
ピリカが自分で傷を作って血を振りまいても、こうして、そばにいてくれる。
本当に嬉しい!
私がピリカに近づくとしずくが少し離れます。
だから、隙間から。


左から
クリスティ、fu、mon。
クリスティもモフモフのfuちゃんのところに潜り込みたいのですが、我慢しています。
「ウ〜〜〜ン」
切ない。
一階で探検させます。




まだ、空きがあるようです、ご確認の上、ぜひ!参加を!
小樽の保健所で「犬のしつけ教室」が開かれます。
日時:平成30年1月27日(土)午前10時00分から12時00分
場所:小樽市保健所2階ボランティアルーム
公式サイト(詳細は公式サイトをご確認ください)
https://www.city.otaru.lg.jp/simin/anzen/doubutu/kainusi.html
講師の方のサイト
http://music.geocities.jp/kouta19860211/
JKC公認訓練士の資格をお持ちです。
JKCのサイトはこちら
https://www.jkc.or.jp/

2018年1月21日日曜日

四日ぶり

四日ぶりです。
ボッサがご飯を食べに来てくれました。
生きていました。
少々疲れた様子ですが、
生きてくれていました。
ありがとう、ごめんなさい。
ボッサ。
(写真はありません)



この後、両者が牙をむきましたが、
私の声で、別れました。
i(左)とエル
体格はほぼ互角。どちらも腕力では我が家のトップクラス。
大事に至らなくて安堵していますが、もう少し注意レベルを上げます。

iが落ち着くまで、しばらくかかりました。
なんとか平常心に戻ったようです。


水の取り替えの時間。
オイルヒーターの側の人気の桑折(こうり)。
右からmimo、ulan、桑折に入れなかったkurisuty。


小樽の保健所で「犬のしつけ教室」が開かれます。
日時:平成30年1月27日(土)午前10時00分から12時00分
場所:小樽市保健所2階ボランティアルーム
公式サイト(詳細は公式サイトをご確認ください)
https://www.city.otaru.lg.jp/simin/anzen/doubutu/kainusi.html
講師の方のサイト
http://music.geocities.jp/kouta19860211/
JKC公認訓練士の資格をお持ちです。
JKCのサイトはこちら
https://www.jkc.or.jp/