2018年1月12日金曜日

札幌市「2026年冬季オリンピック・パラリンピック」

札幌市民の皆さまへ
このたび、札幌市では「2026年冬季オリンピック・パラリンピック」につきまして、招致を行うべきとの結論に至りましたので、ここに表明させていただきます。
平成26年11月27日札幌市長上田文雄
上記は札幌市のサイトからの一部を引用したものです。
動物の命を救うための「天寿全う型施設」も作って、
官民協働で「命に優しい北海道」という新しいキャッチフレーズを
アピールすることと、どっちが「まちづくり」で「発展」なのでしょうか?

どちらも「まちづくり」であり「発展」の一つの姿です。
行政の判断は優先順位を問題にしますが間違っています。
どちらも出来るのに、片方をやらないだけです。
オリンピックのようなビッグイベントでお金が回ってくるのは、
いわゆる、「建設土木業界」です。
さて、
犬や猫の命を救う事業は誰にお金が回るでしょうか?
僅かに「建設土木業界」にも流れるでしょうが、
オリンピックと比較すると桁が違います。
北海道だけではありませんが、
動物保護を真剣に考え、行動している行政機関は多くありません。
国民誰もがこれで良いと思っているとも考えにくいところです。
ならば?
なぜ?
長期計画に基づいた恒久的保護施設を作れないのか?
人間の無責任、無関心が生む、
「悲惨な運命をたどり無言のまま抵抗虚しく殺される命」
これが「まちづくり」であり「発展」という姿なのでしょうか?
立派な施設を作って命を全て救っても
オリンピックは開催できます。

小さな命を見捨てるような町で開催されるオリンピックは
ステキですか......。



2018年1月11日木曜日

嬉しい忙しさ。

今日は多くの支援をいただき、嬉しい忙しさでした。
考えてみれば、
大小、数、を問わず、援助を頂かなければここまで来れなかったでしょう。
「動物保護」というと、かなり大げさに受け取られるのが現実ですが、
極々私的な観点から説明すると、
生活の様は通常から相当かけ離れた様子になります。
「これも何かの縁」などと、気取っていたのは一瞬のこと。
ただ、ただ、言えるのは、
どうせ苦労の坂が続くなら、
この苦労の登り坂はそれほど、「悪くない」

涙し、絶望し、己の非力に怒り、途方もない組織の壁に体当たりなどしてみる。
何を感じて、何が得られるかは判りません。
でも、
この苦労の急坂、
お勧めします。

「時は変われど隅田の水に昔ながらの濁らぬ光」
「やがて夜明けのくるそれまでは意地で支える夢一つ」

m(右)とk

そこにでっかいj君が来ます。

j君の圧力を避けて左から、m、k、jとなりました。


人間のお母さんが寝不足になる訳。


プロはどんな小さな作業でも、油断をしません。(オット!命綱をしていない!これはユダンだ!)写っていませんがお母さんも一緒に上がります。本当の怖さを知らないのが恐ろしい。


2018年1月10日水曜日

勉強の日々


「動物保護」など全く無関心な人生もあるでしょう。
しかし、
「小さな命」に関心を持ち、
行動を起こすとしたら、
その人生は
得難い感動が待っていることでしょう。

仕事の厳しいスケジュールをこなし、
広く交友関係を保ちながら、
外で寒さに耐える猫のことも地道にしっかりと考え、
行動を起こす。

仲間たちに、教えられる日々が続きます。





「生きているんだもの...」
天寿を全うしてもらいたい。

官民協働でもう一歩、進みましょう。

やればできます、できます小樽。

2018年1月9日火曜日

小論文

この問題には答えは一つではなく、
複数あるのかもしれない。
その答えも、数字や単語一語では表現できず、
小論文のようなものだと、
誰もが感じている。

法律を作っても
犯罪が無くならない現実に、
行動を起こす前から、
ある種の諦めを前提にしているようにも見える。

「税金で動物を殺すことを無くす」
「死ぬためにだけ生まれてくるような命を無くす」
この課題は
断じて、そのようなものでは無く、
行動を起こせば一定の成果があり、
やがて、
ごく少数の例外に社会が対応していけば良いという状況が生まれる。

その証拠には
現在、団体、個人を問わず、
私財を投じて行動している懸命の努力が数字を残し、
その数字を
成果として役場が利用しているではありませんか。

物事には優先順位があるのは承知しています。
しかし、
数年という時間の中で何か行動することを止めているのは、
優先順位では無く、素朴な「やる気」です。
さらに、
何が正しいのかを判っていて、後回しにできるのは、
役場という箱に住む魔物のせいもあるでしょう。

官民協働で計画を練って、前に進みましょう。
できます。必ず、一定の成果を挙げ、
まちづくりに貢献します。
「いのちにやさしい街になることで」

左、中央あたりに猫が写っていますが、判りますか?

まだ生きています、生きようと懸命に戦っています。
天寿を全うさせませんか。
みんなの力で。


外で越冬を頑張るあられ、玄関内でご飯を食べてくれました。(間仕切りの隙間から撮影)



支援物資、いただきました。
小樽のyさん、ありがとうございます。助かります。

「助けは声の出るうちに呼べ」という格言がありますが、
意外にできません。
こうして、いただくと、自分なら同じことが果たしてできるかな?と考えます。
本当にありがたいことです。

2018年1月8日月曜日

原因は?

犬や猫が税金を使って殺される理由。
なんだろう????????

アメリカは犬、猫、どちらも年間で100万匹以上殺しているようです。
びっくりしたら、
保護動物以外の生体販売を禁止する法律を確立した州もあるとのこと。

複雑ですね、アメリカ。

「保護動物以外の生体販売を禁止する法律」

「生物多様性」を追求した結果、
人間がどのような社会を望むか?によりますが。
生体を商売にする人にとって、
不都合ばかりが起きるとは限りません。
社会の尊敬を一身に集める誇り高き「仕事」になる可能性は十分にあると思います。

「動物園にぞうさんがいないのは寂しいねえ」
「動物園にぞうさんがいないのは不思議だねえ」
この概念から、
「動物園にぞうさんを!」となって、
募金活動などが行われたことがありましたね。

私は子供の頃から、
「ぞうさんが動物園の檻に入っているほうが不思議!」
だと感じていて、動物園はあまり好きになれません。

今となっては、
動物園ほど動物保護に適した場所は無いと思っています。

彼らも同感のはず。
(左からm、k、j)

「オイ!オイラの仲間たちを殺さないでくれヨナ!ソコントコ、よろしく頼むぜ」


「安請け合いはできないが、気持ちはキッチリ、解らせてやる」つもり。

2018年1月7日日曜日

ゆうき君

ゆうき君、薬を飲み切りました。
しばらくは様子を見ることになります。
油断はできませんが、本人(本猫?)はいたって元気。

素人が判りやすいのはオシッコの色だと指導いただいています。
*濃くなる(黄色いからオレンジ色)

変化はなるべくを早く見つけ無ければなりませんが、
変化がズ〜〜〜っと無いように祈り、願っています。
(写真はありません、とにかくお母さんに抱っこされて動きがありませんので)


kちゃん、この場所は自分のナワバリですので、
この体制でも、頑張ります。

左からm、j、落っこちそうなk

kちゃんは性格が穏やかなので、こうなっても起こりません。
自分のナワバリは確保していますので。

枕になっているのがkちゃんです。