2018年2月13日火曜日

ぴょんちゃん

冬季オリンピック、見てまっせ!
難しい捕獲に取り掛かっていますので、じっとしている時間がありますので(そうでも無いかな、雪があるからなあ)。
もちろん、我が家の同居人(猫)も。
kちゃんはアルペンスキーの滑降が好きなようで、
真似しています?

違う角度で見てみましょう。

空気抵抗を最小限に抑えて、スピードを保つクラウチングスタイル。
さすが、kちゃんです。

どんな勝負でも、リラックスが大切。
iちゃんはそれを伝えて応援しています???。(真意のほどは甚だ疑問でありますが...)



今日は
http://cdca.jp/
一般社団法人 民間災害時動物救済本部(略称:CDCA)
を紹介します。
動物保護関連以外の人にも多くの方が注目しているようです。
「天災」「人災」「天災と人災」
趣旨の説明の中に出てきます。
私は「動物保護」に関しては良くも悪くも「社会の課題」であると考えています。
「天災」はもちろんですが、「人災」も完全に無くすることは不可能に近い。
しかし、
「人災」に関しては改善の余地はまだあると思います。
CDCAさんの行動は実に大きな意味を持っているのではないでしょうか。


「目的が不可能に思えても撤退の理由にはならない」
未知のことにチャレンジする意思の無い人々は別だが。

0 件のコメント: