2018年1月8日月曜日

原因は?

犬や猫が税金を使って殺される理由。
なんだろう????????

アメリカは犬、猫、どちらも年間で100万匹以上殺しているようです。
びっくりしたら、
保護動物以外の生体販売を禁止する法律を確立した州もあるとのこと。

複雑ですね、アメリカ。

「保護動物以外の生体販売を禁止する法律」

「生物多様性」を追求した結果、
人間がどのような社会を望むか?によりますが。
生体を商売にする人にとって、
不都合ばかりが起きるとは限りません。
社会の尊敬を一身に集める誇り高き「仕事」になる可能性は十分にあると思います。

「動物園にぞうさんがいないのは寂しいねえ」
「動物園にぞうさんがいないのは不思議だねえ」
この概念から、
「動物園にぞうさんを!」となって、
募金活動などが行われたことがありましたね。

私は子供の頃から、
「ぞうさんが動物園の檻に入っているほうが不思議!」
だと感じていて、動物園はあまり好きになれません。

今となっては、
動物園ほど動物保護に適した場所は無いと思っています。

彼らも同感のはず。
(左からm、k、j)

「オイ!オイラの仲間たちを殺さないでくれヨナ!ソコントコ、よろしく頼むぜ」


「安請け合いはできないが、気持ちはキッチリ、解らせてやる」つもり。

0 件のコメント: