2017年11月25日土曜日

今日は写真、2マイだけ。

人間の病院と猫の病院、届け物と少々買い物、
疲れましたので、もう寝ます。

写真は朝の特別食を食べるk(左)とj。

支援物資をいただきました。
kに、似合っているかなあ。

雪があまり降らず、気温も下がらない冬、期待します。

2017年11月24日金曜日

j君近況

j君、ちょっと不調かな?
人間のお母さん、外猫の雪対策で甘える時間が極端に減ったからかな?
こういう寝方は大丈夫そうだけど。(左からm、j、k)

なんか、大丈夫そうだな!
クリスティ(右)は久々の添い寝、嬉しそうです。人間のお母さんの次にjが好き。


一階の仲間、
modoを除けば、
皆さんそれなりに高齢になりました。
数年前の段差が少々きつくなってきました。ダンボールには助けられます。
奥がk、手前はmodo。

kちゃんは私の寝床を横断して自分の寝床にいきます。
ベッドに登る段差も小さくしました。



おかげさまで、
外で越冬を頑張るpolo、bom、nini、ジュニア、ボッサ、あられ、確認しました。

水、ご飯、あまり暖かくないかもしれないけど寝床、庭に来れば、あるからね!

絶対、一緒に春を迎えるぞ〜〜!

2017年11月23日木曜日

半年ぶり、安心やら不安やら。

半年ぶりです。
キッチンから写真写せました。
あられ


次の写真、判るかなあ?あられが何をしているか?

あられはシートに溜まった水を飲んでいます。
外で暮らす猫の大きな問題の一つは水です。
生存確認ができたのは嬉しいことですが、冬はこれから、なんとか越冬してもらいたい。私たちも頑張ります。

頻尿に苦しむmomo、
元気はあるように見えます。
実はクリスティといい勝負なんです。
ある程度の距離を置いて、両者が戦うので、見ている方はオモシロイ。
今のmomoは動いて食べて水を飲むことが一番!
夜の運動も欠かせません。

ゆうきは今日も薬ご飯を食べてくれました、100点です。後は食欲が出て、もう少し食べてくれればいいんですが。
支援物資をいただきました。 ありがとうございます。



ピリカが鳴くのでドアを開けると....。

後ろにしずくがいて、心配そうにしています。
ピリカに「どうするの?部屋から出るの?しずくが心配しているよ」と説得?しました。しばらく、考えて?いたようですが部屋に戻りました。ピリカは原則、行動は自由にしています。ただ、エイズのキャリアもいますので、ピリカの傷口への影響が心配。人間がついていることが必要です。

今日も見ていただいて、ありがとうございます。なんとか越冬します!今後ともよろしくお願いいたします。皆さんも風邪などひきませんように。

2017年11月22日水曜日

mimとの出会いは....
7月25日

三匹の子猫を保護して、団体さんに救っていただき、
やれやれ...と一息ついていた時...
あれ!子猫の鳴き声!
目と目が合いました。
「なんだ!小さいぞ!弱っちいぞ!」
出産直後の赤ちゃんは別として、こんな小さな猫は初めてです。
保護しなければ!
検査や治療に耐えうる状態かどうか?ですので、
我が家に入れるには無理。

「ウ〜ン困った..」

まずは、なんとか、玄関へ...ケージのてっぺんまで上がりました。

アップはこんな感じです。
お母さんを探しているように見えます、疲れたんですね。(ごめんね..)

経験者の方が手をあげてくださいました。

保護、一時預かりさんへ。(7月30日)

ワクチン等、全て預かりさんのお世話になりました。
赤ちゃんパワー炸裂で..
先住のげんちゃん(左)は...(写真は9月頃)

やや不調....
さて、そのmimiちゃん、昨日、預かりさんから近況メールをいただきました。


8月にサナダ虫の駆虫は済ませていましたが、今回は回虫が出て、
薬対応中です。
当然、先住のげんちゃんも「薬」となります。
げんちゃんは他の病気もあるので、駆虫薬のストレスで少々、元気がありません。
mimiはこんな感じでなんとかなりそうですが...、

げんちゃんの方が心配です。

mimiは薬の調合のために体重を確認しました。なんと、3kg!大きくなっていくのは預かりさんのメールでなんとなく解っていたつもりですが、我が家の「小さいチーム」に十分匹敵する重さです。すごいですね成長の速さ。(やんちゃと甘えん坊の性格はそのまま...です)
*不妊手術は未だしていません。
体調を十分見計らって、不妊手術をし、
その後、術後の体調を整え、新しい飼い主さんの所へ..と考えています。
猫に限らず、
「動物と一緒に暮らす」ということは
人生の一部を変えなければできません。
愛情は必要条件ですが十分条件ではありません。
それまでに自由であった時間が減ります。経済的にも負担が増えます。家から脱走させないため、インテリアの工夫も必須です。 よほど信頼できる専門のシッターさんか、親戚、お知り合いが面倒を見てくれない限り、旅行はできません。
しかしながら、
このようなことを覚悟の上で多くの方が命に寄り添い、日々、感動とともにお過ごしです。
「命と真摯に向き合い」
「動物愛護基本法を踏まえ」
「終生、家族として一緒に暮らし」
「生きとし生けるもの」の天寿を全うさせていただける..。
新しい飼い主さんを待っています。

mimiは
空から降ってきたわけではありません、
地から湧き出てきたわけでもありません、
我々、人間の無責任、無関心がこの世に送り出した「命」です。
mimi...
君の..「生きて、幸せになる権利」を必ず守ります。

2017年11月21日火曜日

今日のピリカ、お薬ご飯は...

ピリカ、お薬ご飯の時間なんですが.....


嬉しい!本当に嬉しい!
こんな光景、まさか、実現するとは....。
まったく、泣かせるぜ....。
自分で傷を作って、血を撒き散らしていたピリカ(右)...
誰もそばに寄らない。
しずく(左)もほとんど近寄りませんでした。
いつ頃かな..
ジーッとそばにいるようになったのは。
でも、こんなに仲良しになってくれるなんて、嬉しい、嬉しい、嬉しい驚きです。


この写真、説明します。
不妊去勢手術後、外で頑張ってもらっている猫のレスキューハウス。
食べ物や水を奥の方に入れないと、水は凍りやすくなりますし、ご飯を食べる間、寒さくて落ち着いて居られません。
それで、
人間のお母さん、頑張っています。
知らない人が見たら、ドキっとするでしょうね。

灯油の補給が忙しくなりました。(なるべく、雪や雨が混じらないように....)

我が家で唯一、去勢手術をしていない(できない)kちゃん。
一緒に暮らすにはこの上ない穏やかな性格ですが、仲間同士では独特の迫力があるようです。
気弱なゆうきはちょっと、ビビり気味..かな。(偶然ですkが仲間を威嚇することは全くありません)


なぜかhanaちゃんは面白い!(私だけかな??)
このhanaちゃんに似ている美人さんがいますが、その方もオモシロイ。
では我が家のhanaちゃん。


ゆうきは今日もお薬、100点でした。
元気です、応援、ありがとうございます。これからもよろしく!!!

2017年11月20日月曜日

ゆっちゃんの検査結果

ゆっちゃんのFIP検査結果は
「数値が中間で疑いの残るグレーゾーン」
まずは薬で対応、様子を見ることになりました。
風邪の症状は無く、仲間との接触はOKが出ました。
で、
写真ですが、こんな風に人間のお母さんから離れません。
手前からゆうき、m、k。

さて、お薬タイム〜〜〜〜。
量が思ったより多めなので苦戦するかな?
やはり苦戦しました。
最初の「チュルチュル」トライは三分の一ぐらいしか食べてもらえませんでした。
こういう時、以前なら焦って戸惑うこともありましたが、じっくり構えることも学びました。
無理して口に入れる前に、
指で舐めるかなあ?と、試してみると、

大成功!こうして欲しかったのかな、と、つくづく反省して胸が熱くなりました。
いろんなドクターもおっしゃいますが「解らないことの方が多い」
「ごめんね」
明日も、この方法が有効かどうか?は判りません。
でも、今、残された道はこれだけです、信じて進みます。

外で頑張ってもらっている猫。
「あられ」はその中でも、かなり長い付き合いです。
弱ってふらふらの時期があって、家に入れようとしたことも何度かありましたが、その都度、もっとひどい状態の猫がいて、そちらが先になって今に至っています。
裏玄関(勝手口ですが、こちらがメインです)に一番近いところに潜む場所を作ってあります。どこかの空き家がねぐらだと思いますが、ご飯を食べに来てくれます。
氷点下の気温、氷の上を歩いてたどり着きます。
さて?今年は??
現れました!。
苦労して隠れ場所を作った甲斐がありました。(材木を提供してくれた小樽のYさん、ありがとう!!!役に立ちました!!)
よかった!
「あられ」は人間のお母さんしか信用していません。わずかな気配で姿を隠します。
なので、ご飯を食べる写真はありません。
(チャンスがあれば?)


その外猫たち、冬の非情さは、まず、水です。用意してある水は完璧に凍ります。
無駄なことと、笑われていると思いますが、今年も続けます。
これを利用します。

その他に、朝夕、お湯を満たして、いつもの場所におきます...。
今年も.....続けます....。

2017年11月19日日曜日

落雪注意!

終日、雪。
外で頑張っている猫のために、
長い戦いが続きます...。

療法食を食べなければならないmomo、
うまくいきません。
焦らずに進める以外にありません。
みんなの中に入っても、こうして、テーブルの下で過ごします。
個室が必要?

ulan
おとなしい性格ですが、ジャラ遊びには慎ましく参加します。


polo、nini、bom、ジュニア。
4ニャン、確認しました。(ホッ..)


他の、あられ、ボッサ、小さく細い黒猫、
見かけませんでした。


雪がやけに重く感じる...。