2017年9月30日土曜日

いつもの朝...

朝の5ニャンズ

食べて、飲んで..
jは私のベッド。

kは定位置、枕元の横です。
この目つきは...
特別食の量が少し足りなかったかな?

冬支度の季節はみんなの成長が判る時期でもあります。
同時に
部屋のインテリアに工夫の必要を発見したり、

それぞれの猫同士の組み合わせに悩む頃でもあります。
私は、目力に注目することがあります。

元気が無い、だけではなく、
なんとなくこちらに何かを求めているような目つきに出会うことがあるからです。
多くは仲間同士の組み合わせが原因と考えています。
これからも続く課題です。細かに対応するための「体力勝負」が続きます。


我が家は今も少なからずファンの方の優しさに守られ、励まされ、助けられています。
あらためて、御礼申し上げます。


これからも、
小さな命のファンが増えて、
応援がすべての小さな弱い命に届くことを切に願います...。

2017年9月29日金曜日

ピリカとしずく

しずくはズ〜っと前からピリカのことが気になっていた。
だけど、
ピリカは精神的に難しい状態が続いていて、
ほとんど他の猫を意識することは無かった。
たまに、近寄っても、頭から赤ちゃんのようにズドンと迫るので、
仲間は逃げ出してしまう。
ほとんどが引きこもりで私以外には気を許さない。
私は目やにを取り、
動かないので出来てしまう毛玉を、
辛抱強くチャンスを見て切るぐらいの距離を保っている。
でも、
ピリカにもう一人(一猫)強い味方が出来た。
しずくのこの顔、ピリカを守っているようにしか見えないのです。

こちらは守られて?いるピリカ。(守られている自覚無し...に見えます...)

これはピリカが特別食を食べている間、待っているしずく。

この特別食、みんな食べたいはずなんですが、なんとか堪えてくれています。
二人揃ってウトウト...



法律を実行するにはかなりの時間と手間がかかるようです。
環境省のアクションプランに沿った小樽の動物保護に関する努力義務はそろそろ明確にしなければなりません。
保健所の現場は官民協働のシステム作りで頑張っていますが、
これを公式な決意表明に結びつける作業が残っています。
近々、面談で状況を教えていただかなければなりません。


動物愛護基本法は罰則のある法律で、警察の出動もあります。
どんな立場の人間でも、従わなければなりません。
公職であれ、一般人であれ、逃れることはできません。


「未必の故意」という言葉をテレビドラマなどで、聞いたことがあると思います。
概ね以下のようなことです。
ネット上の辞典から引用しました。
「 行為者が、
罪となる事実の発生を積極的に意図したり希望したりしたわけではないまま、
その行為からその事実が起こるかも知れないと思いながら、
そうなっても仕方がないと、
あえて
その危険をおかして行為する心理状態。」


もう少し、簡単に表現します。
小樽市が予算を計上して、施設を作り、民間の協力を得て、動物の天寿全うのためにあらゆる努力をすれば、殺さなくとも済む、と承知しているのに、「前例に従いゴミのように処理する」とすれば、これが未必の故意にあたります。

要は防げるとわかっていて、「まあ仕方がない」と前例を繰り返すことが、罪だと、法律が言っているわけです。


殺処分している、多くの地方自治体はこの状態です。
刑罰の重さは事例によって違いますが、
まちがいなく、有罪です。

2017年9月28日木曜日

「ゆうき君、今日も引きこもりから出てくれました」と「玄関ストーブ?」の段

ゆうき君、今日も引きこもりから出てくれました。
この後、人間のお母さんにひっついてリハビリ?
なんとなく不調であることは間違いないと思いますが、
おそらくは威嚇の競争でちっちゃい誰かに、以外と負けてしまった「気落ち」と見ています。
だから、ゆっくりとペースを戻してもらう作戦です。
ゆうきファンの皆さま(果たしているかどうか?)
応援、よろしくお願いいたします。
奥の方の出窓にいるのがゆっちゃんです。

ピリカ(奥でこちらを向いている)としずく。
ありがとう....しずく....。

bomとniniちゃん、確認。写真はありませんがpoloも元気状態を確認!まずまず、安心、ありがとう..。
屋根の上のbom
後ろ姿のniniちゃん。

ついに登場!玄関ストーブ!
外で頑張ってもらっている、猫たちが玄関で越冬できるように、今からストーブで温度を上げて暖かい場所を認識してもらうために点火しました。明日は冷えそうなので、みんな、玄関で過ごしてもらうことを願っています。



小樽は「動物の命を大切にしてるぞ〜〜〜!」
大声で言える日のために多くの人が頑張っています。

2017年9月27日水曜日

仲間だ!

仲間と実際に会って話すと、
元気が出るなあ...。
来てくださったみなさん、ありがとう!
一瞬にしていなくなってしまうと「祭りのあと」の寂しさもあり。ですが...。

一階のメンバー左からm、k、j
一緒にミーティングに参加してくれました?

オット!大事な報告を忘れていました。
ゆうき君、引きこもりから、脱出!
明日もこの調子でいくといいなあ!

外で頑張るジュニア!確認。嬉しい!!

写真はありませんが、polo、nini、bomも確認。まずは安心。


日課のピリカのブラッシングとお薬ご飯。

終わるのを待っているのは可愛いしずく。



仲間の声を聞けた今日はこの街に新しい希望すら感じる。

2017年9月26日火曜日

ゆうき君引きこもり?

お日様がありがたいので、
玄関先にちっさいイスを持ち出して、
メールチェックなどしながら、日向ぼっこをしていました。
彼らも一緒....。
bom

左からbom、polo、nini

下nini上polo

家の中にもお日様が...。
modoが不思議な色に写っています。
まだ、赤ちゃんの部類なんですよ〜
遠くの飛行機の音でも、隠れるような性格ですが、
一階での暮らし、頑張っています。

みんなの水を新しくする日課のとき、
mimoを写そうとしましたが、
ケージの奥に入ってしまいました。

「mimo、写真だよ、大丈夫だよ。」
そばに戻ってくれました。


ゆうき君が部屋から出てきません。
玄関にいたときも、仲間の出入りに反応して、気落ちし、慌てて保護、家に入れた経緯が思い出されます。
何か嫌なことがあったのだと考えています。
食事、水、トイレ、等、基本的なことを注視しながら、様子を見ます。
人間のお母さんの膝にしがみつくのが日課で、楽しみだったので、ちょっと心配です。
他の仲間も成長するにつれて、グループの構成が難しくなっています。
毎日注意しながら、調整を繰り返しています。
これからも、応援、してね〜〜〜〜!

2017年9月25日月曜日

最古参で最強!

iは
最古参で最強!
なんですが...


このちびっ子ギャングが本気で挑戦します..。

パニックになればもちろん、i君が圧倒的なパワーでノックアウトするでしょうが、ちびっ子の無邪気さに尻込みします。恐るべし!クリスティ!
iちゃんも少しお兄ちゃんになったのかも知れません。でも、危険には変わりありません。
こちら、fu(左)とmonもいささかクリスティには距離を置いています。



この港に来るお客様全てに、 「優しさ」という感動を...。

小樽に「優しさをプラスワン!」

2017年9月24日日曜日

genちゃん2号???

mimiちゃん日記です。

8時間は家中フリー!
それ以外は自分の部屋。
夜は人間のお母さんとお父さんと一緒に寝ます。
さて、
問題は自分の部屋で上手に遊べるか?
そこで登場するのが「genちゃん2号」
先住猫のgenちゃんがmimiの攻撃(本人は遊びのつもり)に耐えられないので、代役を頼んだのが「genちゃん2号」です。
まずはタタカイの練習

トレーニングが済むと、仲良く、まったり...。

どんどん、良い子になります。(そのはず..)みなさん、よろしくお願いします。


我が家のニャンズ、課題はあるものの、特に問題無し。

人間のお父さん(私)、
薬が切れたが、かかりつけ医はお休み、
当番病院へお願いに...。
久しぶりに、痛みをこらえて、書類をたくさん書きました。
いい勉強になりました。


もっと..もっと「命にやさしい」街になる..。
祈りの場所から、海が見える街、小樽。