2017年7月22日土曜日

三兄弟、お世話になります!

昨日に引き続き、
三兄弟の一人(じゃない、一匹)が、
無事、保護、検査後、ワクチン、
そして、
団体さんにお世話になりました。
関係者の皆さん、今まで支援していただいた皆さん、
本当にありがとうございます。
病院費用、(交通費は含まれません)
団体さんへの支援金(わずかですが)
合計77,756_は
今まで、多くの方に、
支援していただいた、「猫貯金」から、
使わさせていただきました。
ありがとうございました。
本当に助かりました。
検査を受ける様子です。
先日の二兄弟よりはファイトがあって、
エリザベスカラー着用です。
足だけですが、ご披露いたします。

足だけでは失礼ですので、保護直前の彼。





この歩行訓練の道を歩く度に、
色々と考えさせられます。
急いで、三兄弟のお母さんを保護しなければなりません。
子供を取り上げて、
さらに、辛い思いをさせるのか?
きっと私はお日様に怒られる。
それは、甘んじて受けよう。
しかし、
やっぱり、

無責任な餌やりは耐え難い怒りを生む。でも、
自分の過去を思えば、容易く、人を責められない。


人の行いに関するネット上の情報は全て、伝聞。
参考にもしなければ、信用することもない。
しかし、
実際に会ってこの体が受け止めたことは、私にとって真実だ。
その真実の中に、
「なぜ?悲惨な生涯を送る動物が存在するのか?」と、
疑問に思う温かい人間らしい心が感じられ無い人達がいる。
存在の理由を突き詰めなくては、その人間は、「動物保護は社会問題」だと認識できないだろう。
できる訳が無い。
問題意識を持ち積極的に解決方法を探るのが、
その人間の仕事であるはずだが。
さらに、心ある人々が「一緒に頑張りましょう」と言って、
事実、懸命の努力をしていることを知っているのに、だ!。
要は自分の人生とは無関係にしておきたいのです。
主に経済的な理由だと思いますが。
しかし、それは、安易で甘い考え方です。
たとえ、失敗しても、やるべきことをやらなければ、今の立場に安穏としては居られません。
それほど、世間は甘くありません。
「責任者、出てこ〜〜い!」
責任者は阿部さんという人です。
地方自治体の方々の大いなる勘違い。
「実は権限は一切ないんですよ」「在るのは委譲されている状態のことですよ」「一つの会社で社長は一人しかいなんですよ」



さて、
家猫たち、今日は少し、気温が楽でした。
まずはj(右)とモド。

エル。

momo
苦労かけるね、でも、辛抱してくれているね、ありがとう。

次は、左から、mame、uran、kilala

人間の「幸福」もよくわからないのに、果たして、一緒に暮らす猫たちがどうなのか?知る由もありません。でも、凍え死んだり、薬で無理に殺されたり、餓死させられたり、いじめられたり...それよりは..少しいいと思うことにしています。善意で動く力も限度があります、事実、すでに、限度を超えているでしょう。行政とタッグを組むことでしか、動物保護は乗り越えれない課題です。

2017年7月21日金曜日

道半ばですが..

命のリレーに参加していただいた、皆さん。
小樽
kさん、mさん、
札幌
団体Tさん。
まだ、道半ばですが、
熱く(誤字ではありません)御礼申し上げます。
すぐ、次の課題がありますが、
よろしくお願いいたします。





小樽は
「小樽保健所サポートチーム」というグループが猫の命を守り育て、保健所の「殺処分」を無くすために、奮闘しています。
こちらのブログをぜひ!ご覧ください。 小樽の猫の命を守るぞ!官民共同だぞ!

この大規模なレスキューが活動の一部だということに注目していただきたい。今後、官民問わず、相当に大きな力が必要です。
このブログを見ている方々の多くは動物の命に関心のある人たちです。なんとか、無関心な人に、実情を伝えていただきたい。私も十数年前までは「無関心」な人間でした。この無関心というのは恐ろしいものです。「在るものを無い」としてしまいます。しかし、行政が動くということは、皆さんの税金が使われるということです。だから、「無関心は簡単に責められないけど、無関係な人はいません」
猫や犬を殺さなくとも、立派に小樽市はやっていけます。殺すためにお金を使うことはありません。生かすためにお金を使って、みんなで一緒に「命に優しい、世界一の港町、小樽」を実現しましょう。
ネットの力は簡単に止められません。数十万単位の人が観光都市小樽を「命を粗末に扱う」と言い始めてからでは遅すぎます。その波はそこまで来ています。行動あるのみ!小樽にプラスワン!優しさをプラスワン!


ピリカ、今日はご飯をよく食べたなあ..
優しい顔の時、カメラを持っていない..(ゴメン..)

2017年7月20日木曜日

らく君の特集だ!

らく君

らくと初めて逢ったのは5月12日、玄関先の路上でした。
その後、時々見かけましたが、
フラフラ状態で見かけることが多くなり、
ボロボロヨタヨタで、我が家の玄関に入ってきました。
5月21日に玄関内で保護、その後、養生。







私の体調不良もあり、
らくを病院で診てもらったのは、
翌月、6月1日。

健康診断
男子
7〜8歳
エイズ(陽性)
白血病(陰性)
その他、異常無し。
片目状態悪いです。(免疫力が低下して炎症を起こしている)
*現在は目薬で対応。良くなりつつあります。
玄関で養生していましたので、去勢手術は可能でした。
体重はこの時点で4.18kg
現在は少々、増えていると思います。
回数は食べますが、歯の状態が弱いようで、全体的には小食の方です。
他の猫が入らないように、空気の入れ替えの時以外、
ブラッシングなどのケア時間以外、
施錠していました。
この環境では、
免疫が低下している、らくにとって、良くないと判断したものの、
我が家の猫の部屋割り状況もあり、
和室へ入れたのは7月8日です。
下の写真は専用の部屋で食事中のらく君。

個性
穏やかな性格です。他の先住猫ともトラブルはありません。
人になつきやすい。
膝に乗りたがる。(肩にも乗ります)
小食なのに、おやつ好き。
(なるべく総合栄養食を与えています)
今は、他の5〜6匹が暮らす居間にいる時間もありますが、
人が見ていられない時など、らくはまだ慣れていないので、
*どうしても、部屋に戻って欲しい時は、
大好きな猫用鰹節を少々。(与えすぎは健康を害しますので)


居間デビュー(随分、デカイのがいるなあ..J君です)

パソコンデビュー(主に後ろ足でキーボードを使います?)

お尻で一度にたくさんのキーを押します。(トホホ)

私のベッド占領デビュー(小柄ですから、占領は無理ですが..)





犬も猫も..
その他、人間と共生可能な動物たちは
ペット(愛玩専用動物)でも、
電池で動くおもちゃでもありません。
生きようとして、生きる!
私たちと同じ「命あるものです」
一緒に人生を共にしていただく方と
めぐり逢う事を切に願います。

cafemonju*gmail.com(*を@に代えてください)

2017年7月19日水曜日

ほんの一部..

ほんの一部です。

誠意無きものには誠意は通じない。
真実を認めようとしないものには、たとえ、その真実が論理的に無理があっても、それを変えられない。

人間として、まともに相手にしない人間には、それなりの対応しか、思いつかない。
変化を望まない人間はそれなりの意思があってのことと、思っていたが、やる気が無いだけだと、あらためて感じる時がある。

人並みに
世間の裏と表を見てきたつもりだが、
どこの世界にも必ず、
そうい人間は存在した。



可能性の一部しか試していない。
善意が邪魔をしているかも知れないなあ..。


新しい船出..。


さて、と...。

2017年7月18日火曜日

去勢不妊手術、してるかなあ..してないだろうなあ..

去勢不妊手術、してるかなあ..してないだろうなあ..
この猫が手術をしていない場合、
死ぬか、殺されるために、
多くの命が..この世に生を受ける。
...今は道の向こうに具体的な灯りが見えない。



「抱っこするよ〜〜」というと、
ここに入ります。
でも、抱っこできるんですよ〜〜。(いつかは..)
kilala

背中に乗っかっている訳じゃありません。
デカイのがfu(ふー)ちっさいのがクリスティ。

らく君、今、一番、苦労かけているかな..




「観光客の皆さん、厚く御礼申し上げます。小樽は動物の命にも優しい街です。ゆっくりとお過ごしください」
いつかは胸を張ってこう言えるように、多くの皆さんが懸命の努力をしています。保健所も必死で頑張っています。このブログを見ていただいた方、ぜひ!「全く関心のない方」に実情を広めてくださるよう、お願いいたします。

2017年7月17日月曜日

2ニャン一緒にビョーインだ!

2ニャン一緒にビョーインへ来ました。
大きいキャリーはベル(男子2〜3カ月)
小さいキャリーはりく(同じく男子2〜3カ月)
りくは実は二回目、保護、直後に一度来ています。
同じ環境から保護しましたので、
同じように目の状態が悪く、
その他、気になる点を調べてもらいました。
どちらも、概ね、異常なし。
エイズは陰性でした。
これは今後の彼らの生活に大きく影響します。
エイズそのものは発症しない限り問題はありませんが、
同居する猫との兼ね合いには微妙な注意が必要になります。
という訳で、
まずは病院、到着!


りく、検査、頑張る、おりこうさまでした!

ベルも立派でしたよ!

一時預かりさんには、あらためて感謝です。私どもより、猫の扱いが慣れていて、勉強になります。こんなにも、意思の疎通が出来るもんなんですね。「猫と人間って」

暑すぎるのも困りものですが、山ほど出る、冬用品の洗濯物、カワキマセン。 除湿機、フル稼働です。奥の窓際に写っているのは、modo。ほんの少々ですが、意思の疎通が出来る(親バカです)

ゆうき君は居間で馴染んでくれていますが、人間のお母さんに引っ付いて離れません。この写真はひっつく相手がいないので、ゴキゲンナナメ。でも、辛抱しています。ありがとう、そしてごめんね。

最古参の子供の方、i君。彼も辛抱しています。とは言っても、お母さんと一緒に暮らしていることは、他の猫から見ると、随分とイイことのように思えますが、これは人間の勝手な思い込みでしょうか?
パンチのパワーは二階のBIGエル君といい勝負です。手はエル君の方が大きいですが、果たして???。今日は考え込んでいる(ポーズ)

居間は今、混み合っています。彼も辛抱しています。デカイので同情します。J君です。この椅子、そんなに小さくないんですが..(お尻の方、はみ出ています、内緒ですヨ)

自分で傷を作る、ピリカです。今日は皮膚のケア、大分、できました。
こういう状況もあるということを知ってもらい、同じような猫と暮らしている人たちの参考になればいいなあと思って、時々、掲載します。
接する時はケア用品(ハサミ、ブラシ、除菌シートなど)を携帯、チャンスは必ずあるので、無理に追い込んでまではしない。時間無制限、一本勝負!ってとこかな。

筋力運動は1日休むと三日分戻るようです。坂道歩行もサボると息が上がるのが早くなります。
いつものコースで..
蝶々を写したんですが、パソコンで見たら虫も一緒に写っていました。今回は虫さんを採用!


港町、小樽にプラスワン!
動物保護の優しい心をプラスワン!
世界一になろうぜ!!!!