2017年4月8日土曜日

ゆっくりしてます。

momoもそうでしたが、ゆうきも、
体調が悪くて我が家に来ましたので、しばらくは狭い空間でも、ゆっくりというか、ぐったりというか、とにかく、あまり動きません。心配で何度も見に行くほどですが、疲れているんですね。ゴハンを食べたり、水を飲んだりする姿がうれしいです。支援、応援をいただきました。先行きは不明な点もありますが、あらためて、御礼申し上げます。ケージは昼間は外が眺められるようになっています。ちっさい灯油ストーブと、電気式のオイルヒーター、湿度にも注意しながら、様子を見ています。


寝ているところを起こしてしまいました。ゴメン…


こちらは、だいぶ、話が通じるようになりました。が…
ゆうきと同じく、modoもどうやら、猫嫌いは変わりません。

ゆうき君のこと…

ゆうきは病院へ行きました。

レントゲン、エコー、血液検査。
特に問題なし?
少々血糖値が高いだけ。これは、緊張や不安からも出る数字の範囲だそうです。
玄関にに戻って、ややリラックス、ご飯も食べました。
が!!!
夜になって、新顔の猫が入って唸ると…たちまち、固まり、耳を伏せ、かすかな音にも反応します。
不調の原因はこれでした。(ドクター見解ではありません、念のため)
このままでは、食べない、飲まない、動かない、でもっと痩せる!!!
空いている和室にお引越し…。ジャンジャン。
本当は足の悪い猫や、今度の冬はおそらく持たないだろうと思われる「あられ」のために準備していた部屋なのですが、どうしようもありません。「今できること」の限界ですが、絶望の言い訳にはなりません。「明日はそのためにある」
このゆっくりとした表情、初めて見る、ゆうきの姿です。人間の目から溢れる水は、嬉しい、安堵の、涙です。そして、他の猫たちのことを考えると、切なく、苦しい、無念の悔し涙です。
涙の向こうのゆうきの姿です。




きっと、一緒に泣いて、一緒に微笑んでくれる、yさん、ありがとうございます。支援物資、ありがたくいただきます。助かります。

2017年4月6日木曜日

続く不安…

ゆうき、依然として、不調です。
明日検査予定、そして…

薬を止めて、しばらく経ちます。
ピリカ。こちらは、不安小休止。

その、ピリカをしっかり守る?しずくちゃん

使えなくなる前に予備を!
一度に両方とも壊れるかもしれません。写っていませんが、もう一台。準備しています。これはなんとかなる不安。

modoのおしっぽさん。写せました。

i君とうまくやれています。小さくなりつつある不安。

このブログ、読んでくださる方が日々、増え続けています。ありがたいことです。助かります。これからもよろしくお願いします。

2017年4月5日水曜日

安心と心配

安心はこちら、
bom(ボム)がご飯を食べにきてくれました。
あれだけ、怖い思いをしたこの庭に…。
数日間、過ごし、恐怖と疲れを癒したこのレスキューハウス。
今夜もここで眠ってくれる事を祈ります。



心配は玄関暮らしのゆうき君。 元気がありません。
人間のお母さんが掃除に行くと飛びついてきていたのですが、それがありません。
ゆっくりと近づいてきて、動きに精彩がありません。
食べる量が減ったのか、トイレの量も少なめです。
今日はAD缶を食べてくれました、心配の中の、小さな安心です。
猫にも五月病があるのかなあ…。 もう少し様子を見ますが、これ以上、ぐったりするような事があれば、検診です。
外にも出なくなったなあ…。 (写真はありません)


こちらはなんとか冬を乗り越えました。
J(左)は病院の年齢判断より、少し若いのか?「食べ過ぎ」以外に心配はありません。
でも、右のKちゃん、今年の冬は厳しかったろうなあ、と思います。
10月に降った雪がそのまま根雪になって、居座った冬。右目の赤さ(充血?)が増した冬でした。



万が一のとき、猫を、動物たちを、どれだけ救えるだろうか?

心にいつもある、大きな不安の一つ…

2017年4月4日火曜日

まともに、目を見れない…

bom(ボム)、元気そうです。
ありがとう、bom(ボム)、
応援してくれた、皆さん、ドクター。
あらためて感謝を…。



でも、
まともに、目を見れない…
庭に入るのに、何度かチャレンジしているようです。
男子が3ニャン、先住で居ますので、難しい。
でも、責任はある。




このカモメは、ギリギリだが、自然界に居る。
厳しく、容赦のない、自然界に。
bom(ボム)はどうだろう…
人間の無責任がこの世に送り込んだ。
どちらが…どちらが… どちらが…


まともに、目を見れない…のは…やはり…bom(ボム)…。

2017年4月3日月曜日

ナミダが溢れて、止まりません…

去勢手術をがんばってくれたbom(ボム)
無事でした、無事でした、無事でした!!!
庭に帰ってくれました。
庭の先輩猫に威嚇されたようですが、大丈夫でしょう。
人間の方が目から水が出て出て…
止まりません。
心のどっかにある涙の泉、いつも、満タンなんだなあ。
やっぱり、人間はロクナ動物じゃあ無い、
勝手すぎる。
 bom(ボム)、ご飯、一杯用意しているからな、
他にも応援してくれている人、居るからな!
今度の冬には寒くないレスキューハウス、用意しておくからな!
必ず、必ず、庭の付近に居るんだぞ!!!








この海の傍で、大きな力と出会いました。

bom(ボム)のような猫生(人生)を作らないと考えている、大きな力と出会いました。
人間は己が正しいと思う事をやる、それが、法律という、人間の作った足かせがかかると判っていても。そういう場面は誰しもある、理性だけが、この世を作っている訳ではない事は、この歳になれば、誰でも判る、気づく。すべてをかければ、何かが出来る、一瞬、一瞬でイイんだ。

2017年4月2日日曜日

無邪気は最強かも…

こん風に現れて、

しっかりした足取りで、

どこかへ、行っちゃいます。

名前はmodo。
この無邪気さは生きる上で「最強」かもしれません。私は失っていないつもりですが…。無邪気は迷惑をかける事もあります。しかし、最強である事も、また、事実でしょう…きっと。


多くのファン(確認できているのは一人ですが)へkちゃんのおまんじゅうフェイス、健在です。

上から…

目から上に伸びる毛模様、カッコいいでしょ!


去勢手術をがんばってもらって、庭に数日居た猫の確認がとれていない。
苦しい春です。


春…だと…思う…

春…だと…思う…




日本国憲法第十三条  
すべて国民は、個人として尊重される。
生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、
公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

「殺すという労力は殺さないためにも使える」

「五分前まではロクな人間ではなかったが、今から五分間、善人をやらせくれ」

春だと思う…。